ココナッツコラム|ココナッツ製品・ココナッツオイルの専門店-ココウェル

ココナッツコラムcolumn

ホーム  >  ココナッツコラム  >  中鎖脂肪酸の抗菌・抗ウイルス作用の仕組み

2020.03.06
中鎖脂肪酸の抗菌・抗ウイルス作用の仕組み

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸の

 

「カプリル酸」C:8)

 

「カプリン酸」(C:10)

 

「ラウリン酸」(C:12)

 

には 抗菌作用や抗ウイルス作用がある ことがわかっています。

 

今回は、その仕組みについて書きたいと思います。

 

カプリル酸・カプリン酸・ラウリン酸などの脂肪酸は3つの脂肪酸とグリセリンからなる「トリグリセリド」という構造をしています。

 

 

これらが体内に摂り込まれ分解されると「モノグリセリド」という物質に変わります。

 

カプリル酸はモノカプリル、カプリン酸はモノカプリン、ラウリン酸はモノラウリンとなります。

 

トリグリセリドのままでは、抗菌作用や抗ウイルス作用はありませんが、

中鎖脂肪酸はモノグリセリドに分解されると抗菌・抗ウイルス作用が活性化されます。

 

それは、ウイルスや細菌は脂肪膜に覆われていますが、中鎖脂肪酸のモノグリセリドにはこれらと似たような組成があるからです。

 

組成が似ているため簡単にウイルスや細菌の膜に引き付けられ、その膜に吸収されます。

 

モノカプリル、モノカプリン、モノラウリンといったモノグリセリドが吸収されると、ウイルスや細菌の脂肪膜はバラバラに分解され破壊されます。

 

その結果、ウイルスや細菌は死滅します。

 

死滅した、ウイルスや細菌は白血球によって片づけられます。

 

 

またこれらの中鎖脂肪酸のモノグリセリドは抗生物質に耐性を持つようになったスーパー耐性菌と呼ばれる細菌にも非常に有効なことが知られています。

 

 

特に、ラウリン酸のモノグリセリドモノラウリン」にはとても高い抗ウイルス作用を持つことが明らかにされています。

 

このモノラウリンに関しては次回のコラムで書きたいと思います。

 

 

それぞれのモノグリセリドには、細菌やウイルスに対して異なる性質をもつため、例えば大腸菌には強いものの、カンジダ菌には弱いといった違いがみられるそうです。

 

そのため、モノカプリル、モノカプリン、モノラウリンの3つのモノグリセリドが相乗効果を発揮すると非常に高い抗菌、抗ウイルス効果をもたらします。

 

 

 

ココナッツオイルの定番!エキストラバージンココナッツオイルには約65%

 

香りがなくお料理全般に使いやすい!プレミアムココナッツオイルには約61%

 

低温でも固まりにくい!液体タイプ!リキッドココナッツオイルには約93%

 

中鎖脂肪酸が含まれています。

 

 

__________________________________________________

参考文献:ココナッツ癒しパワー/ブルース・ファイフ著
     ココナッツオイル健康法/ブルース・ファイフ著
     ココナッツオイル健康辞典/白澤 卓司監修


COPYRIGHT © COCOWELL CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.