ココナッツコラム|ココナッツ製品・ココナッツオイルの専門店-ココウェル

ココナッツコラムcolumn

ホーム  >  ココナッツコラム  >  腸内フローラとココナッツ

2018.03.27
腸内フローラとココナッツ

少し前までは聞きなれなかった「腸内フローラ」という言葉。
最近は一般的になってきて、あちらこちらで耳にします。

 

私たちの腸内には100種類以上の細菌が住んでいます。数にすると約100兆個と言われています。
重さにすると約1.5㎏にもなるそうです。

 

この腸内細菌が集合体となって生息している様子が、まるでお花畑のようになっていることから、腸内フローラと呼ばれています。※お花畑=flora【英】

 

この腸内フローラは食事や生活習慣、人種や年齢で異なるため、全く同じ腸内フローラを持っている人は存在しません。

 

そして近年研究が進み腸内細菌、腸内フローラがアレルギーや様々な病気に関係していることがわかってきました。
また免疫細胞の約70%は腸に存在しているとも言われ、腸は「第二の脳」とも呼ばれています。

 

腸内の細菌を大きく分類すると、善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分けられます。

●善玉菌(有用菌)

ビタミンの合成、消化吸収の促進、感染を防御する(免疫力を高める)など、健康を維持する働きをするもの。発酵を促し、腸内の働きを整え腸内フローラのバランスを整える。

●悪玉菌(有害菌)

免疫力を弱める。腸内にある食べかすの分解もするが、腐敗もさせ、腸内環境を悪くする。発がん性のある物質など、有害物質を生み出す。

●日和見菌(中間菌・土壌菌)

腸内で善玉菌が優勢になると善玉菌の味方になり、悪玉菌が優勢になると悪玉菌の味方をし作用する。

 

理想的な腸内フローラの状態は、善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割と言われています。

通常、健康なヒトの腸内では善玉菌が悪玉菌の定着・増殖を抑えていますが、体調や食生活、睡眠不足、加齢、ストレス、薬(抗生物質など)の服用…といった様々な要因によって日々変化します。

 

 

悪玉菌が増えて腸内環境が悪化すると、日和見菌も悪玉菌の味方になり、ますます腸内環境が悪くなる…といった悪循環に陥ってしまいます。

便秘や下痢になるだけではなく、悪玉菌が作り出した有害物質が腸から吸収されて全身をめぐり、肌荒れや肩こり、様々な生活習慣病、さらには老化などにも関係すると言われています。

 

いつも善玉菌が優勢な状態にしておくことが健康維持には大切なのですね。

 

私たちの普段の生活で、腸内フローラを改善するのに一番簡単な方法は、善玉菌が好むヨーグルトや納豆などの発酵食品(乳酸菌)、オリゴ糖、食物繊維を摂取することです。

 

特に食物繊維は最近では「第6の栄養素」と呼ばれ重要視されています。

食物繊維には大きく分けて水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。

 

●水溶性食物繊維
水溶性食物繊維はその名の通り水に溶ける性質があり、糖質の吸収を緩やかにして血糖値の急激な上昇を抑えたり、
腸の中の有害物質や血中のコレステロール等を吸着して体外に排出するという役割をしてくれます。

 

●不溶性食物繊維
不溶性食物繊維は、保水性が高く胃や腸で水分を吸収して大きく膨らみ、腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にし便通を促進します。

 

 

ココナッツの果肉には食物繊維が多く、特にオイルを搾り取った後の果肉を粉末状にした

ココナッツファイバー(一般的にはココナッツフラワーとも呼ばれています)には

約40g(100gあたり)の食物繊維が含まれています。

<参考>100gあたりの食物繊維の量

さつまいも 2.3g
えのき茸 3.9g
おから 11.5g
いんげん豆 13g

食物繊維を多く含む代表的な食品と比べてみてもその差は歴然です。

 

ココナッツファイバーに含まれる食物繊維の内訳は、水溶性食物繊維が約3g、不溶性食物繊維が約37gです。
不溶性食物繊維が多いので、液体に完全に溶かすことはできませんが、スムージーなどに入れれば簡単に食物繊維を摂取することができます。

 

一番簡単でおすすめの食べ方は、ヨーグルトに混ぜて食べることです。
ヨーグルトと一緒に食べることで、発酵食品と食物繊維が同時に簡単に摂取できます。

 

また、ココナッツファイバーを小麦粉や米粉の代わりに一部を置き替えて使うこともできます。
グルテンは含まれていないので、小麦粉を全てココナッツファイバーに置き替えることはできませんが、
一部を置き替えることにより、簡単に食物繊維の量を増やすことができます。

 

<お料理やお菓子作りにもココナッツファイバー>
・ハンバーグに混ぜて
・ロールキャベツの種に混ぜて
・ホワイトソースに混ぜて
・パン作りに一部を置き替えて
・タルト生地にも
・クッキー生地にも


<ココナッツファイバーご利用者の声>
・いつもきな粉とすりごまなどと一緒にスムージーにして飲んでいます。お通じが良くなります。
ココナツ風味になるので甘さを足さなくても美味しくいただけます。

 

・毎日のスムージーにプラスして飲んでいました。オススメは豆乳+バナナ+ココナッツファイバーです。
ココナッツの香りがフワッとし、甘みを入れなくても香りで甘さを演出する事ができます!!お通じの改善に役立ちました。

 

・お通じがとてもよくなり、毎日快腸ですっきりします。腸の調子が良くなると脳にも影響があり仕事もはかどります。なくてはならないものになっています。

 

・物繊維が手軽にとれるとのことだったので試しに注文しましたが 大正解!!
ヨーグルトに入れて食べてみましたが、ほんのりとココナッツの風味がしてとってもおいしかったです

 

・米粉のパンケーキに混ぜてみました。味を邪魔することなく、ふわふわ感もあまり変わらなかったように思います。
後からやけにお腹がいっぱいになるなあと思ったら、膨らむんですね~。

 

と、とっても嬉しいお声もたくさん届いています。
その他のお声はこちらからご確認いただけます。
http://www.cocowell.jp/fs/cocowell/ReviewListGoods.html?goods=fiber&pageno=1

 

腸内フローラの改善にココナッツファイバー(ココナッツフラワー)をぜひお役立てくださいね!

 


COPYRIGHT © COCOWELL CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.